top of page

部活や体育の授業など運動中のマスク着用について(まとめ)

更新日:23 時間前


中のマスク着用について書かれたスポーツ庁の見解、および市町村や新聞社のネット記事をまとめました。


部活中にマスクをする野球部員

追加情報


Jリーグ新シーズン開幕と声出し応援(令和5年1月31日)

2月11日のスーパーカップを皮切りに、定員の100%まで観客を入れ、声出し応援ができるようになりました。


参考:NHK WEBサイト「Jリーグ 声出し応援『社会が元に戻っていく一助に』チェアマン


環境省・厚労省リーフレット「新しい生活様式を健康に」(令和4年6月10日)

熱中症にならないために、人との距離が保てている場合は積極的に「マスクを外しましょう」と書かれています。

リーフレットをダウンロードする


厚労大臣、特定の条件下でマスク着用の必要はない(令和4年5月24日)

昨日の後藤厚労大臣の記者会見で「距離が保てる場合や会話がほとんどない場合は、マスクの着用の必要はない」と発表されました。


参考:NHK WEBサイト「特設サイト 新型コロナウイルス


「距離が保てる」とは、具体的には「2メートル以上」だとのことです。すでに一部の県では、昨年ごろより同様のことがアナウンスされていたりします。換気や会話の有無や他人との距離など、対策の内容自体は変わっていません。


今回、目新しいことは、「着用の必要がない」状況を明確にしたことです。マスクを「する」だけではなく、マスクを「はずす」という見解は、大きな一歩ではないでしょうか。


 

健康と安全を第一に

スポーツ庁は次のように発表しています。学校の体育の授業では「十分な呼吸ができなくなるリスクや熱中症によるリスク」を回避するため「マスクの着用は必要ありません」。


ただし、「児童生徒の間隔を十分に確保」など、マスク以外で対策を講じることが必要であると述べています。