top of page

ビブスとは(ビブスの用途・語源・メリットなど詳しい解説)

更新日:2023年4月19日

ビブスとは「チーム分けや所属がすぐに分かるように色や番号を付けた上着」です。


ビブスの用途:サッカーやバスケの練習から文化祭、イベントのPRまで多岐にわたる

ビブスは、色や番号を付けた上着で、チーム分けや所属がすぐに分かるように使用されます。主にサッカーやバスケの練習、ボランティア活動の所属分け、イベントのPRなどで利用され、近年では学校行事の代表的なアイテムの一つとしても広く使われています。

ビブスの語源:赤ちゃんのよだれ掛けから転じて誕生した

「ビブス」という名前の語源は、赤ちゃんのよだれ掛けを意味する「bib(ビブ)」の複数形である「bibs(ビブス)」から来ています。

ビブスは何語?:英語であり、アメリカ英語では「practice pinny」や「scrimmage vest」とも呼ばれる

ビブスは英単語であり、チーム分けや所属を示すために着用される袖の無い軽い上着で、袖を通さずに洋服の上から着ることができます。Cambridge Dictionary(ケンブリッジ辞典)によれば

また、bib(ビブス)という単語は主にイギリス英語で使われ、アメリカ英語では別名「practice pinny(練習用前掛け)」や「scrimmage vest(紅白戦用ベスト)」とも言われます。


ビブスのメリット:着替える必要がなく、更衣室などの設備を必要としない

ビブスの最大のメリットは、着替える必要がなく、そのため更衣室などの着替える場所が必要なく、手軽に使用できる点です。また、ビブスは個人にとってもチームにとっても必要不可欠なアイテムであり、チームの団結力を高め、迅速かつ効率的にチーム分けを行うことができます。













閲覧数:44回0件のコメント

Comments


bottom of page