リブスの特長(市販のビブスとの違い)

更新日:3月14日

リブスは両面で色柄が違うリバーシブルビブス です。1着で2チーム分の色分けが可能です。また、プレーヤーの動きやすさを考えて開発されています。



3つの特長

  1. 「軽い」生地

  2. 「動きやすい」形状

  3. 「変わらない」フィット感

  4. 「きれい」なプリント



1.「軽い」生地

数ある生地の中でも、薄くて丈夫な生地を厳選し軽量化しました。グラム単位で軽さにこだわっています。


また、通常4枚で作るリバーシブルビブス を2枚で作ることに成功しました。秘密は両面印刷。新しい技術により、1枚の生地の表と裏の両面にプリントをすることが出来るようになりました。通常のリバーシブルビブス の半分の枚数だから重さも半分。さらなる軽量化を実現しました。




2.「動きやすい」形状

リブスには2種類の丈(たけ)があります。サッカー向けのショート丈とバスケ向けのロング丈です。Lサイズでは、ロング丈とショート丈の差は約10cm。Mサイズは約8cm差。Sサイズは約6cm差です。動きやすさや暑熱対策で丈の短くなった経緯のあるサッカービブス 。動きやすさやファッション性で長くなったバスケビブス。それぞれのスポーツに合わせてご用意しました。




3.「変わらない」フィット感

「リブス」は激しく動いても着心地が変わりません。一般的なリバーシブルビブスは、生地を重ね合わせて作られています。2枚の生地の間には空間があり、着替えたり激しい動きをすることでズレが生じます。それにより型崩れし、フィット感がなかったりシワがよったりして着心地が悪いと感じることがあります。その点、リブスは1枚生地で作られているため、生地ズレは起こり得ず、着心地が変わらないというわけです。




4.「きれい」なプリント

「リブス」は一般的なビブスやリバーシブルビブス で使われている穴の空いた生地(画像左のメッシュ生地)を使っていません。そのため、メッシュの穴で文字や絵柄などのデザインが欠けずにきれいに見えます。


メッシュ生地ではないものの、吸湿性と速乾性に優れた生地を採用しているため、汗をかいても乾きやすい上、洗濯後も短時間で乾くメリットがあります。





閲覧数:14回0件のコメント