top of page

松潤「騎馬武者行列」で経済効果60億円 大河ドラマ『どうする家康』グッズが大人気



大河ドラマ『どうする家康』が放送される中、浜松市では三方原の戦いを再現した「騎馬武者行列」が行われ、経済効果が60億円に達したことが発表されました。ドラマの放送と同時に、浜松城の敷地内にオープンした家康SHOPでも販売されるグッズが人気を博しています。


大河ドラマ『どうする家康』関連イベントが浜松市で大盛況!

14日の放送では、「真・三方ヶ原合戦」と題して、家康最大の負け戦が描かれます。三方原の戦いは徳川家康が天下人を目指して戦った重要な戦いの一つであり、ドラマの中でも大きな位置づけを占めています。この戦いを再現するため、浜松市では騎馬武者行列が行われ、多くの観光客が訪れました。このイベントによる経済効果は60億円以上とも言われ、地域活性化に大きく貢献したと言えます。


GW、家康グッズ一時品切れの人気ぶり

また、ドラマの放送に合わせて、家康グッズも大人気になりました。家康SHOP(浜松城敷地内)では当店製造の家康グッズ(陣羽織マフラータオルや家康具足キーホルダー、出世城マグカップなど)も人気が高く、ゴールデンウィーク中には一時品切れするほどでした。


まとめ

大河ドラマ『どうする家康』の放送やイベントで全国から人々が訪れ、そして家康グッズの販売によって、浜松市の魅力がより一層高まることを期待しています。


【おすすめ商品】家康グッズにも使われている商品




閲覧数:146回0件のコメント

Commentaires


bottom of page